« ありがとうブロス | トップページ | 北海道ではすべらない話は26日じゃなかった »

2006.09.22

『ゆれる』

Yureru『ゆれる』を観て来た。
最初、竹中直人主演の「男はソレを我慢できない」を見に行こうと思ったが、
夜にテレビでやってる下ネタドラマみたいとか、評判がイマイチだったのでやめた。

『ゆれる』はオダギリジョー主演でカンヌに正式出品された映画で、評判が良かったので軽いキモチで見に行ったんだけど

すごい胸の奥底に残ってしまい。
グラグラゆるがされるすんごく好きな映画でした。評判がいいのわかります。。。

サブタイトルは「あの橋を渡るまでは、兄弟でした」

まず、兄役の香川照之の演技が尋常じゃないわ、変態だよこの人。天才。
そして弟は、はまり役のオダギリジョー、ほんと魅力的だ。欠落感丸出しのいい男。
真実は最後までゆれつづけ、わたしのココロもずっとゆれてました。最初から最後までずっとゆれつづけて、最後までゆれながらこの映画にひきこまれていました。
最終的に真実はわからないまま、終ってしまいました。でもきっとこの映画はそんな真実はどーでもいいんですよ。。

例えば・・
唯一、信頼できるモノを自分のせいで壊してしまったり、ほんのちょっとだけあった絆を自分のせいで無くしたり、ギリギリの幸せだけで生きてこれた惨めな自分をはっきりみせつけられたり・・

そういう事って、みんなそれぞれ生きていればあったりすると思うから、見ている自分もゆれてしまったんだと思います。

正しい生き方ってなんだろ、とか。そういうこと考えたりしてゆれてしまうってことなんでしょうか・・。

香川照之がオダギリジョーに
「始めから人を疑って、最後まで信用しない奴だよ、俺が昔から知っているお前は」と叫ぶシーンは
鳥肌たちました。2人の瞳が脳裏にやきついて。

監督女性なんだ・・すごい・・。長編ニ作目なのに。
映像の描写もすばらしいと思った。脚本もすばらしいです。

後味はというと・・良いとはいえないので、カップルとかはオススメできないかな。

友達に「しほりはいつも重い映画見てる」と言われた。
そんなことはないけど、いわゆるミニシアター系は好きだと思われます。。。

|

« ありがとうブロス | トップページ | 北海道ではすべらない話は26日じゃなかった »

コメント

シアターキノをかたせ梨乃様の従姉妹だと
思ってたよ。18くらいのころの話。

ミニシアター好きな人は独特の世界観とか
芸術的感性がある人だと思う。わが妹も意味の
わからぬちんちくりん映画をよくどこからともなく
みつけてくるのだが、いまだによくわからぬ。

ピカソのよさが理解されたのも後世だしね。
しほりの感性はたるまないな。
小学生から未来に流行る音楽を予言してたからな。
私にとってはノストラダムスとか細木数子より
偉大な感性だわ。

チャオ!

投稿: ぷりお | 2006.09.22 13:36

すごい!!!
映画評論家のように説明がうまい!!!
超観たくなった、この映画p><q

オダジョーと言えば、ビックリバーも気になります。

投稿: はむのすけ | 2006.09.22 17:07

>ぷりおさま

か、か、感性・・・恐縮です。。

ただ、ハリウッド系とかすんごいわかんないから、まわりでパイレーツホニャララの話とかしてるの聞いてると、昔ボキャブラに出てたパイレーツしか浮かばない自分が嫌になったり孤独になったり然り。これって問題だと思うんだよ

意味わかんない系が好きなんだわ、ただそれだけだよ


>はむのすけさま
またまた恐縮です。
これ、おもしろかったですよ、。あたしが見た映画の中で一番すきなオダギリジョーさんでした。
「アカルイミライ」のオダギリが好きでしたが遥に抜きました。わたしは「パビリオン山椒魚」が気になってます。

投稿: shihori | 2006.09.23 00:18

パイレーツ(爆)!!
なつかし~~~。

いたいたいた。

投稿: ぷりお | 2006.09.25 09:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ありがとうブロス | トップページ | 北海道ではすべらない話は26日じゃなかった »