« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007.06.29

Just a Seeker's Song

APOGEEのライブ行ってきた。新曲すごい良かった。

| | コメント (0)

2007.06.27

once in a blue moon

星に興味あります。星というか天体?の動きかなあ。
先週から水星が逆行してます
だからきっと、みんな
「あんまりうまくいかないな~」とか、「遅れているんじゃないか」、とか。
「過去にまた戻ってしまったんじゃないか」、とか。
「こんなにやらなきゃいけないのに、やってもやっても終らねーよ」とか。
イライラしたり、回り道したりそんなこと感じている人多いんじゃないでしょーか。


そして今月は満月が2度起こるというというちょっとめずらしいブルームーンが起こります。極めてまれに”という意味の "once in a blue moon"。30日に。なんか不思議なことが起こるかもしれないですね。。
って何言ってるんだって思ってる人も多いかもしれないけど。

 

Gurinnthiすまいるさんにこれ頂きました。どもです。
グリーンティの香水はあんまり好きじゃないけど、このボディクリームは好きです~。以前エリザベスアーデンのカウンターで試してみて、ちょっと感激した一品です。黄色いツブツブが肌に載せると無くなります。

| | コメント (4)

2007.06.24

キサラギ見たよ

Kisaragi 映画「キサラギ」を見てきた。なんか人気みたいで、連日お客さんが結構入っている。

映画を見た日、小栗旬君が、「いいとも」に出ていて、その後「徹子の部屋」にも出ていた。ほんと小栗旬君は旬な男だね~
小栗旬・ユースケサンタマリア・香川照之・小出恵介・・ドランクドラゴンの塚地の5人が、1つの部屋で繰り広げるコメディサスペンス?
誰1人として演技が下手な人がいないということは、それだけで気持ちが言いもんだ。2時間まったく飽きなかった。しかも見終わったあと、すっきりした感じ。
うーん。こういうのがデートにいいよね、無難だもん。
おもしろい深夜ドラマを見ている雰囲気は否めないけど、まあそれもいいか。

| | コメント (0)

2007.06.23

「NARA:奈良美智との旅の記録」

Photo_2 映画「NARA:奈良美智との旅の記録」を見て来た。ドキュメンタリー映画って苦手なんだけど、やっぱ奈良さん好きだから、おもしろかった。
AtoZ。弘前のレンガ倉庫を使った展覧会。やー行ってみたかったな。
世界から認められている奈良さんは、今でも津軽弁なんだと思ったらなんだかやけに嬉しかった。
東京のプレハブに住んでるところが、なんか青森っぽくて嬉しかった。青森といえばやっぱ小屋だよね(笑)一家に一個は小屋があるよね(笑)うちの実家にもあるし....
青森県立美術館に行った時も奈良さんの小屋がとても印象的だった。また行こう。

やっと最近、青森に生まれて本当に誇りに思えるようになったは、きっと奈良さんや太宰治や寺山修司などのおかげもあるんだよな...,

Atoz

「もう昔描いた絵は描けない。人と交流するようになったら描けなくなった」

と言ってたのがとても印象的で。

あたしは奈良さんが昔書いていた、意地悪な目のとがった女の子はあまりすきじゃない。でもここ数年、彼が描く女の子はほんと深くやさしい。純粋すぎて、そんなところにちょっと残酷を感じてしまう。

映画「キサラギ」も見たので、感想は次回。

| | コメント (2)

2007.06.20

コロッケより愛をこめて

昨日は、コロッケパーティ。場所は日本代表中村憲剛にクリソツな外人さん宅で。手作りコロッケって尋常じゃなく美味しいと思う。最初、3人の予定だったが、情報が錯綜。6、7名??とか。どーなっとるのや。買い出しの時、KI○さまと2人、「ジャガイモ何個茹でればいいのだ??」と頭をかかえる。
070619_213001みんなでコロッケを整形→小麦粉→タマゴ→パン粉の工程を5人でやってた時が、たまらなくオモシロカッタ。
あの・・カニクリームコロッケねっとり加減(笑)にコロッケ整形2人組☆ダブルTさんの悪戦苦闘ソリッドトークはツボ。
カニクリームコロッケほんと痛々しい感じで、思い出すだけで吹き出してしまいます。

男爵コロッケはかなり好評でした。20個くらい作った気がするんだけど・・みんなどんだけ食べるんですか(笑)
皆でコロッケ食す、バックには竹内力の「欲望の街」が流れ。何故?ものすごい光景。

その後、カニクリーム用に作ったホワイトソースでパスタもどきを作り、御世辞でもウマイウマイと食べてくれてうれしかった。

070619_221701そういえば、ギネスビールって玉が入ってるの知らなかったです。玉!玉!と言われても、まさか~と思って爆笑してたけど、自分が御馬鹿だったとは。

その後、イタリアーノSVも合流し、みんな「腹いっぱいグフォフォ」と言ってた時・・

070619_231302_1 サプライズが。
もしかして何度も電気消すの間違えてたのって演技だったのかな?

真っ暗な中。。これが登場。

実はうるってきました。だってね~今はまったく違う部署のかたがたで、それなのに、ちょっとでも、そう思ってくれるだけでもなんだか。なんだか、なんだかなんだか、うるうる....くっそーやられたー

ありがとーーーーーー☆
ほんとのサプライズで、右肩脱臼しそうなくらい感激しました。

夜も深まり、サッカーのカードの量に若干みんなヒキ気味になりつつ、男性陣のビックリマンカードや、オンラインゲームや聖闘士星矢、キン肉マントークにはやっぱ男の子だな~とか思った。
世代が皆一緒だからナツメロトークもいいんだよね。誰かが「小学校の時は愛は勝つだった!!」と強きのコメントしてて、若干シーンとなったのがツボ。

明日早いお仕事の方も、あんなに飲んで、朝方まで・・・・ホント楽しかったです。
ただエセ中村憲剛さん宅をコロッケまみれにしてしまったことが悔やまれます。

今度は、き○さんとあたしがちゃんとお休みの日にメンズを迎え入れるように。
がんばりたい。次回はハンバーグの予定。

| | コメント (0)

2007.06.18

ふぁざーずデー


父の日に何送ればいいか、もうわっけわかんなくなって、お菓子を作って送りました。先日作ったので、海を越え、今日ちゃんと届いたみたいでっす。

「届いてすぐもう全部食べたよ」と言われて、早っ!!と思って、もうちょっと味わってくれても・・とちょっとしょんぼりしたキモチをおさえつつ、超カッコイイお父さん(兄弟全員で佐藤浩市に似てると言ってます)に感謝デス。

| | コメント (8)

2007.06.15

「サンジャックへの道」と「輝ける女たち」

Sannjyakkuフランス映画を2本観て来ました。
まず「サンジャックへの道」。キリスト教の聖地サンティアゴへの巡礼1500キロ道のりを、ひょんなことからともに旅するはめになった男女9人の人間ドラマ。期待しないで見にいったのが、とても良かった。フランス映画っぽくないところも、意外。ちゃんと泣けるところもあって、すがすがしい気持ち。
今の世の中って便利になってるけど、その膿が出てるところってたくさんある。だまって歩いたほうがいい。面倒なほうがいい。携帯電話なんて無くなればいい。意味不明にそーんな事を考えたりする。「○○じゃなきゃダメ」って男を品定めするような女子に是非見て欲しい。

Kagayakeru「輝ける女たち」
貫禄のあるカトリーヌ・ドヌーヴと、なんかエロちっくなエマニュエル・ベアールがステキ。
オトナの事情が満載。だからオトナの女の濃い輝きがギラギラ。中年以降の人がぐっとくるのかも。女は30歳からだわ(笑)
自分の父親が、アレだったら、ちょっとヤダなあと思った。自立できない、あの女にも手をつけちゃったみたいな。客観的に考えると、好き勝手にやってるオトナの話で、日本人がやったら様にならないんだろうなーフランスっぽい雰囲気がずるい。

| | コメント (0)

2007.06.14

未確認非行物体

未確認非行物体
フランフランのアロマファン買っちまった
昨日遊びにきた友達が、未確認飛行物体がいると騒いでいたよ

| | コメント (0)

2007.06.11

S女と行く人体の不思議展ツアー

先日、行ってまいりました人体の不思議展に。S女である同期女子6名とそしてまっちしまむさんとYーへいへい君と。行く前から男子2人はなんであんなに細いのかと、そこが人体の不思議。
とうちゃくいなや、まだ午後真っ只中すでにビールかっ食らっている。誰かが、「全員どSだよ」と。
会場入るやいなや、きもち悪いと出てくる人もいる、とか言ってたけど、
ほぼ全員が人体につっこむという構図。特に盛り上がりをみせず、淡々と、「(断片)切り過ぎ!」「どんなびっくり顔だよ」「千原靖史に似てる」etc。。
でも王道な感想かもしれないけど、人間の体ってすごいなって思った。ちなみに人間の血管は地球2週半の長さだよ。

070609_173801_1

飲み会の時間まで、タリーズで時間つぶし。そこでS女6人異常な盛り上がりをみせる。ポロポロ涙を見せる女を男はたまんないらしい、という若干微妙なウワサに対し、「最近涙が肌に浸透してポロポロしないに全員納得の嵐。
そんな女子に若干ひき気味の細男子2人。酒無しであの盛り上がり。

070609_203702_1その後飲み会へ。
玉砕GSVとロンゲ根さんが仲間入り。

manaさまがS女で唯一ぷるるんを飲めるとか、Eさまが「昨日の酒が抜けないが、全然飲めるわ~」と勝ち誇っていたり、あたしが焼酎の文字を素で間違えて「焼いた酒美味そうだ」と言ったら、誰も気付かず、「美味そうだ~」と皆。Sでバカ丸出しとはこういうことなのか。

そんなどんちゃん騒ぎの中で、飲み会も終盤でサプライズが。

070609_184601先月S女会は無かったので、・・・・・いやはや嬉しい。遅くなっても祝われるのは嬉しいもんだわ。ここでポロポロ泣けたらかわいいんだべか。吸収しちゃうが。
「うちらにブサイクはいない」
このプレートに盛りあがったのは女子だけだったのが、今になるとツボです。今回、がんばってこのフレーズを頼んでくれた俺様ありがとう。
一眼レフを取り出した方もいて、あまりにパシャパシャされるので、化粧濃くすればよかったと何度も思ってたわ。

二次会で芋ばっかり飲んでたら、三次会で若干酔っ払いそうになり、
4次会?の秘密組織系居酒屋ではまっちしまむさんに「目が1/4になっている」と言われても、もう開きません。
横でsugaさまが熱いトークしてた気もするけど、まったく聞こえないくらい1/4。

やーひさびさに朝、しかも完全な朝まで飲みました。次の日、体の関節きしみました。キノで受付してる時、顔色がコンクリートになってたと思います。

ところで次の日、S女「割った酒は酒ではない」のKさまからメール。ブログを作ったとの事。また酒を御取り寄せしたらしい。。最高です。そういや終始あたしの耳元で「割った酒はわけじゃない」とつぶやいていた。
次回はビアガーデン行こうねラブと言ってたら、彼女は「キリンタワーを1人一本頼もうよ」と真顔で言っていた。しかもきっと、取り寄せた酒も持ってくるんだろうね。。。

| | コメント (7)

うちらの中にブサイクはいない

うちらの中にブサイクはいない
サプライズが。みんなありがとがす
詳細はあとで…

| | コメント (2)

2007.06.08

最近はめっきり白

Soreiyu1ワインと料理のお店「ソレイユ」へ。白石区本郷通7。
保育士の友達が予約しないと入れなくて、一度行ってみたい!!と以前から言っていたがなかなか実現せず。、あまり期待せずに行ったけど、また行きたい!と思うステキな御店。。
到着すると入り口に1枚の紙
「満席です」
やっぱ予約しないと入れないって本当なんだ-。あぶない。友達も以前2度トライしたが同じ1枚の紙が貼られてあったと言ってました。
夫婦2人だけでやっている、ひっそり加減もなかなかそそる。
Soreiyu4

前菜の盛り合わせ。アン肝のフランとフォワグラと白レバーのパテがワインにめちゃくちゃ合う。
赤にすればよかったかな・・。

写真撮り忘れたけど、キャラメルアイスの見事な苦味と濃厚さにうっとり。
そこで、多分奥様と思われる方に、
ミクニとのエピソードを教えていただきました。再度うっとり。Soreiyu2この写真は「カタリーノ」という濃厚なクリームを焼いて、冷し固めたデザート。新感覚カタリーノ。

イタリアンって家で作るのに限度がかなりある。フォワグラと白レバーのパテ作れって言われてもねえ。
最近自分で凝っているのが、ジェノベーゼクリームソース。ジェノベーゼソースとクリームソースを半々、そしてそこにほうれん草を入れるとぐっとくる。色あいも緑がぐっと際立つし。
もちろん松の実買ってくることもしないから、ジェノベーゼだけは輸入ショップで瓶買い。

ところで最近、まわりの人に良く言われる言葉「ビアガーデンいこうね」
あまりに言われるので、笑けてくる。体もたないわ(笑)今日も爆笑してしまった。
イメージって怖いな(笑)
御酒の中でもそんなにビール好きではないんだけどな。

| | コメント (0)

2007.06.07

「大日本人」をなんかもう一回見たいな

Dainipponnjinn「大日本人」を見てきた。
メンズデーで、7.8名の松っちゃん崇拝男子グループがいて、盛り上がり方が尋常じゃなくてウケタ。
ところで映画はというと・・。
松っちゃんこういうのほんと好きだよね~って(笑)感じ。
松本人志が好きじゃない人が見たら、結構キツイんじゃないかと思ったりもする。

一緒に見に行った友達が「ちょっと寝ちゃった」と、。
速効な笑いを求めるのであれば、あまりオススメしない。でもあれは、松本風なんじゃないかって思う。
松本人志を見たいなら見るべきと。彼の世界なんだもんなー。後半の盛り上がりが良いっていう意見もあるみたいだけど、あたしは最初のグダグダした感じで最後までいって欲しいと思った。折りたたみ傘(笑)ツボだった。

この映画、家に帰ってきてからの方が胸の奥底から笑いがこみ上げてくるそして翌日にもっとくる。深い。なんか苦しいんだか悲しいんだか、せつないんだか笑っていいのか・・深いねー松本人志。やっぱアナタが好きだわ。あたし。
まだ1作目。
2作目以降が楽しみです。

Kurosshinngu実は数日前、トルコ映画の「クロッシング・ザ・ブリッジ」を見て、ひさびさに寝てしまった。
つまらない映画ではなくて、わからない映画だった。内容はトルコ・イスタンブールの音楽ロードムービ-。わたしの知識と興味の無さが、異常な眠気を。
つまらない映画は怒りが半分こみあげたりするものだけど、わからない自分の無知加減が、ひどい眠気を誘うんだなーと思った。
ただ、イスタンブールは行ってみたいなと思う。あらゆる民族が交流し、ヨーロッパなの?アジアなの?ってう、どっちつかずの雰囲気はかなり興味ある。

| | コメント (4)

2007.06.04

疲れてた

疲れてた
疲れてた
一灯庵とサーティワン。 今、隣でメガネサラリーマンがすべらない話に美川憲一が出てて、鈍びきしたとタバコをすぱぱー。 あたしはその左隣で蛇を首に巻いた少年を手にとり、アメリカンレモネードを飲んでるのだ

| | コメント (2)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »