« 「ボンボン」と「明日、君がいない」 | トップページ | 3歳と29歳と86歳 »

2007.08.09

「アヒルと鴨のコインロッカー」

Ahiru「アヒルと鴨のコインロッカー」を観てきた。キノで最多の1日4回上映にもかかわらず、お客さんがあとをたたない。原作好きの人がいかに多いかということだ。
あたしは原作を読んでいない。まっさらな状態で観てきた。
感想は・・おもしろかったです。傑作とは言えないけど、謎が解かれていくキモチ良さを感じながら、途中、瑛太扮する河崎の孤独がいっきに押し寄せてきて、私の胸がぎゅーっと苦しくなったり。最後まで夢中で観ていた。
一緒にボランティアやってる子が「悲しい映画でした」と言ってたけど、悲しいという感想が1番正しいかもしれないな。
泣けるシーンが無い、だからラストになってもどうすることもできない、悲しい気持ちがずっと続く。
キャストも良かった。
ただ、もうちょっと映像や技術が惜しい・・・・。

私もボブディランの「風に吹かれて」
歌えます。(歌詞カードあれば)

|

« 「ボンボン」と「明日、君がいない」 | トップページ | 3歳と29歳と86歳 »

コメント

私も原作読んでません。
「風に吹かれて」
口ずさみたくなりますよね。
いい曲だ。

投稿: 咲太郎 | 2007.08.10 10:53

おはようございます
風に吹かれて、癒されます

投稿: shihori | 2007.08.13 08:49

わぁ。コレ絶対観たいと思ってたのに忘れてた…。
ドルジと河崎のアレがどうなっているのか
気になって、気になって。です。

投稿: ねじ | 2007.08.16 20:31

>ねじさま
原作読んでる人はどんな感想になるかわからないです。
でも、本を読んでない人にもわかりやすく作られてました。

投稿: shihori | 2007.08.17 22:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ボンボン」と「明日、君がいない」 | トップページ | 3歳と29歳と86歳 »