« 明日退院します。 | トップページ | 私がぐずる »

2008.12.25

やっと振り返る。

育児に格闘中の毎日。やっとこさ更新。

出産の事、書いとかないと忘れそう・・・・。ちょっと長いけど、それだけ長かったという事だ。

 

12月9日(火) 

朝起きたら、おしるしってやつが来ていた。いよいよだなーと思いながら、いつもどおり      の生活をする。

 

12月10日(水)

 2:00

生理痛のような腹痛で目が覚める。でも、以前にもあった前駆陣痛に似ているし、眠気の方が勝っていたのでまた就寝。

 

 4:00~5:00

腹痛が少し強くなったので、また目が覚める。間隔を測ってみる。なんとまあ、10分間隔から7分くらいで痛みがきていた。とりあえずもう少し様子をみようと時計とメモを片手にまだベッドの中。

 

 6:00

痛みも変わらず、間隔も7分くらい。病院へ電話する。

おしるしも来ているし、自宅から病院まで遠いので、入院の準備をして来て下さい、と言われる。

旦那さまを起こして、準備する。これからどのくらいかかるのかわからないので、ご飯を食べる。

 

 7:30

病院に到着する。でも、なんか陣痛が弱まってる感じが・・・・。

すぐLDRに入り、モニターと内診。お腹の張りはあるものの、なんだか不規則になっていた。助産師さんに「前駆陣痛かも。でも、予定日過ぎているから、このまま入院して、本当の陣痛が来るのを待ちましょう。」との事。

また入院かあ・・・・。ちょっと落ち込み。早く陣痛来ないかなと、その夜あんな苦しい陣痛が迫ってるとは思いも知らず。

 

 12:00

前駆陣痛の痛みはすっかりなくなってしまった。余裕で昼ごはんを食べる。

 

 17:00

なんだかまた腹痛っぽい。助産師さんが再度モニターでチェック。

10分間隔のお腹の張りはあるよう。とりあえず様子を見ることに。

 

 19:00

明らかに強い腹痛を感じる。夕飯も喉を通らなかった。陣痛の波が来るたびに、「イタタタタ...」と声を出しそうになる。

 

 20:00

再度、モニターと内診。

子宮口はまだ2cmとの事。結構痛い。痛みの波が来る時は歩けない感じ。でも波が去ると普通に話せる感じ。 とりあえずまだ様子をみる。

 

 22:00

ちょっと痛みが強くなったと助産師さんに申し入れ。LDRに移動する。

再度内診するが、赤ちゃんは下がってきているが、まだ子宮口2cmとの事。これから全開の10センチまでまだまだと思うと、不安になってくる。

 

日付変わって、、、、

12月11日(木)

 0:00

なかなか子宮口が開かないので、このままだと昼ごろまでかかるかも・・・との事。ヒエー!!そんなに長い時間、陣痛を耐えるなんて、嫌だ。

助産師さんに腰湯に入るといいよとアドバイスを受ける。痛みの波の時は「イタタタタ.....」と声が出るのは相変わらず。LDR内にあるお風呂で腰湯をすることに。

腰湯後、陣痛が加速!

立っていられないくらいの痛み。

しかも、腹でもなく腰でもなく、骨盤の下のお尻のほうに激痛。

そこから子宮口全開になる朝方までこの痛みに耐える事になる。

そういえば、ある助産師さんに、「子宮口がなかなか開かなくて、赤ちゃんが下がってくると結構キツイんだよね」と聞いていた。たぶん、まさにそれだった。

陣痛はお腹が痛む人と、腰が痛む人がいるって聞いていたけど、私の場合は、赤ちゃんがさがりすぎて、お尻の方に激痛がきていた。

例えて言うなら、お尻にある骨をのこぎりで、削られていくような痛みです(笑)

ぜったい声出したくないと思っていたけど、あまりの痛みで「うー!!」と声をあげてしまう。しかも全身に力が入り、汗だく。

気づいたら、点滴を打たれていたよう。(あまりに体力を消耗していたようなので)その時の私は点滴されているのも気づかないくらい(笑)

あまりに痛みに耐えられなくて、「帝王切開にしてくれないですか?」と助産師さんに言ってしまう。

助産師さんにはずっと腰とお尻をさすってもらっていたのが、何より救い。

 

5:00

破水。

破水した瞬間に「あ、破水だ」と声を出してしまう。

なんだか周りがあわただしくなる。

旦那様を呼ぶから電話すると言われる。このあたりは、もう意識朦朧としていたのでほとんどよくわからない。とりあえず早く赤ちゃんを出したくていきみたいけど、まだいきんではいけないと助産師さんに言われる。息も切れ切れの状態。

子宮口が9センチという声が聞こえる。

旦那さんが間に合わないよという声も聞こえたので、「待たなくていいです」と私もここぞとばかりにお願いする。

 

 6:30

ついにいきんで良いと言われる。気づいたら、何人かの助産師さんと先生、横に旦那さまが手を握っていた。

 

7:28

無事出産。

分娩台でいきんでいいよと言われてから、1時間くらいだったと思うので、結構早かったと思う。

分娩台でいきんで赤ちゃんを出す時は、本当に救われたと思うほどで。それまでの痛みがすごすぎて、赤ちゃんを出す痛みなんて気持ち良いくらいでした。確かに、100個くらいのウ〇コを出すような感じと言っても過言ではないですわ(笑)

陣痛の痛みの方が壮絶すぎて、会陰切開(アソコを切る)なんて何にも感じなかったです。どーぞ切ってくれって感じ。

赤ちゃんが取り出される時、「ちゃんと見るんだよ」と言われ、私の下半身の方から、取り上げられた彼を見た時、感動というより、あーこういう顔してるんだ~となんだかすごい冷静だった私がいました。よく感動で泣きました☆みたいな事も聞くけど、私は、やっと終わったという気持ちが何倍も大きかったです。

その後カンガルーケアと言って、すぐおっぱいを吸わせるのですが、上手に吸ってくれました。

あまりに陣痛の痛みを体全体で耐えていたので、その後二日間は全身筋肉痛、お尻が痛くて次の日もちゃんと歩けませんでした。

あまりにつらかったけど、初産なら、時間的に本陣痛がきてから出産までの時間は平均的と言われ、ぞっとした。あんな痛みもう嫌だ(笑)

ただ、入院中に30時間かかって出産したっていう人と話をしたんだけど、出産で10kg痩せたらしい。壮絶すぎる・・・・。それを聞いたら、私なんてほんと安産なほうだと思った。

まあ、私もアノ陣痛のおかげで、出産だけで6kg痩せました。しかも退院して一週間で、妊娠前より痩せました(笑)

母乳育児って、食っても食っても痩せるんだわ。

今はおっぱいマシーンかよ!とつっこみくらい、一日に最低10回はおっぱいあげて、育児に追われています。

とりあえず母子共に今のところ健康です。

 

|

« 明日退院します。 | トップページ | 私がぐずる »

コメント

お疲れ様~!
いや~、途中まで読んで、読まなきゃよかったって後悔するくらい壮絶だ。
育児も慣れるまでは大変だろうけど、
がんばってね。
応援してます。

それにしても、お産怖い・・・

投稿: 銀河 | 2008.12.25 14:14

昔、大学で「生命の進化」という授業と
「人類学」っていう授業があったけど
どっちのよりもこのブログのほうが
単位とれそうだ。

生命の進化は見事単位落としたな。
2回くらいしか講義うけてないし、
ずっと私の名前は男子が返事してたな。

すばらしい進化をとげ、とうとう
おっぱいマシーンとか書いてしまう
マザーになったのだなと大爆笑。
感動とともに出産後、何かが拓けたかの
ようなすごい心になるマザー。

おそるべし女性の神秘なり。
まさに生命の進化と人類学だ。

うんこ100ってなに!!
汚い話、私もうだめ。それ死ぬかも。

ほんと、まとまらないけど
おっぱいたくさんでるように
いっぱい食べて、できるだけ
休んでよ。ブログ写真だけとかでも
いいからさ。

ほんと、おめでとう!最高です。
今年の締めくくりにふさわしいです。

メリークリスマス。

投稿: チャッぴー | 2008.12.25 19:42

私はもうすでに忘れたよ~
読んでて確かに痛かったよな・・・・みたいな。人間(特に女子)は忘れる生き物なのさ。

投稿: 姉 | 2008.12.26 09:54

すごいですね。
自然分娩。
私は、味わうことのできない体験なので、読ませていただいて感動しました。

投稿: わかめ | 2008.12.26 10:19

>銀河さま
怖がらせてすまん(笑)
でも痛みは人それぞれらしいからね。お腹が痛い人は楽だとか聞くし・・・
とにかく安産祈ってるから!!

>チャッピー
人類学とかなつかしすぎ(笑)
今は必死で生活してるよ。
おっぱいだけ出てる服を来ていたいわ。
めっちゃ食ってる。時間があれば食べる事ばかり。。


>姉さま
忘れる生き物なのかもしれないね。
みんなにそう言われた。そこが強いって事なのかもな。

>わかめさま
入院してて帝王切開の人ともいろいろ話しをして、みんないろんなお産があってドラマがあると思いました。
とりあえずほんと安産でありますよう祈ってます!!

投稿: shihori | 2008.12.27 17:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日退院します。 | トップページ | 私がぐずる »